デリケートゾーン脱毛とは?

デリケートゾーン脱毛とは、いわゆるVIOライン脱毛のことです。

 

Vライン(ビキニライン)、Iライン(陰部周辺)、Oライン(おしりの穴周辺)の、デリケートな部分の脱毛ですね。

 

デリケートゾーン脱毛.xyz

ワキなどと比べれば、普段他人に見られる部分ではありませんが、水着になるときはビキニラインの「はみ出し毛」が気になりますよね。^^;

 

また、パートナーにIラインやOラインにムダ毛があるのを見られるのが嫌で、Vラインだけでなくデリケートゾーン全部を脱毛する人は増えているようです。

 

Vラインは何とか自己処理できても、IラインやOラインは自分ではちょっと無理なので、脱毛サロンを利用することになるでしょう。

 

そのようなデリケートゾーン全体のVIO脱毛のことを「ハイジーナ(またはハイジニーナ)脱毛」と呼んでいるサロンもあります。

 

ハイジーナとは、もともとは衛生目的で陰部周辺の全てのムダ毛を無くしてしまうことで、それが語源となっています。

 

実際に男性の意見を聞いてみても、若い世代(10代、20代)は特に、IラインやOラインのムダ毛は無いほうが良いという意見が多いのです。

 

ただし、デリケートゾーンすべてを脱毛しているのに抵抗がある男性は多いようで、Vラインの内側だけ残す脱毛が人気となっています。

 

実際に脱毛サロンでは、希望の形に残してくれるところもありますよ。

 

ということで、デリケートゾーンの脱毛をするためにサロンを選ぶ理由と、人気の脱毛サロンを紹介します。

脱毛サロンを選ぶ8つの理由

 

痛くない施術方法

デリケートゾーンは、ワキより敏感な部分で生えている毛も太いので、痛みを感じやすいため痛くない施術方法が選ばれています。

 

肌に優しい施術方法なら痛みが無いだけでなく、Iラインなどの「キワのキワまで」脱毛できるのが人気の理由です。

ディオーネ

 

ハイパースキン脱毛という新しい施術方法で、3歳から通える「子供脱毛」のメニューもあるくらい肌に優しく、アトピーでも大丈夫な敏感肌専門の脱毛サロンです。

 

「ハイジニーナコース 」(VIO全て処理)と、「semiハイジニーナコース」(VIO希望の形を残して処理)を選ぶことができます。

 

IラインもキワのキワまでOKで、「黒ずみ、肌荒れ、カミソリ負け」など、他店ではNGな部分もOKです。

 

詳細はこちら

 

 

お得な専用コース

最近はVIOセットメニューのある脱毛サロンがほとんどだと思います。

 

デリケートゾーン専用のコースメニューだと、V・I・Oをそれぞれ個別に施術するのに比べて割安となっている場合があります。

ミュゼプラチナム

半額

 

s.s.c.脱毛という、光の照射によって抑毛効果を発揮する特殊なジェルと光の相乗効果で脱毛する、痛みが少なく美容効果の高い施術方法を用いています。

 

他店にはあまりない「へそ下」まで含んだ、かなり広範囲を脱毛できる「ハイジーナ7VIO脱毛コース」があります。

 

『両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース』が付いているので、契約回数終了後もVラインは何度でも美容脱毛が可能です。

 

詳細はこちら

 

 

お試しできる

脱毛の施術は肌質などによって効果に個人差があり、サロンの施術方法に左右される部分もあります。

 

はじめて脱毛する場合は、そのサロンの施術方法で効果があるのか1回か2回お試しできるところが良いですよね。

エピレ

VIO脱毛

 

初めての方限定のファーストプランメニューのある、トータルエステがプロデュースする脱毛専門サロンです。

 

「VIO・5(ブイアイオー・ファイブ)脱毛」が、初めての方なら2回お試しすることができます。

 

しかもファーストプランなら、満足いただけなかった場合に料金を全額返金してくれる保証が付いています。

 

詳細はこちら

 

 

全身脱毛サロン

最近は全身を脱毛する人が増えてきました。どうせ脱毛するなら両ワキやデリケートゾーンだけでなく、全身脱毛したいという理由からですね。

 

全身を施術するとなると多くの回数・期間が必要になりますから、月額制の全身脱毛専門サロンも多くなってきています。

脱毛ラボ

「選べる部分脱毛」

 

ミュゼと同じs.s.c.脱毛という痛みの少ない美容脱毛方式を用いた全身脱毛専門のサロンです。

 

「全身脱毛48ヶ所」にはVライン上、Vライン、Iライン、Oラインの部位が含まれており、「選べる部分脱毛24ヶ所」のコースもあります。

 

高速マシンの導入と最短2週間に1度通える優しい施術方法で、希望通りに予約が取れる脱毛サロンとして評価されています。

 

詳細はこちら

 

 

期限なし

脱毛サロンのプランは決められた回数のコース料金か月額制となっています。

 

しかし繁忙期は予約が取りにくく希望どおりに通うことができないこともありますので、期限なしの保証のついたサロンだと安心です。

エピレ

エピレのファーストプランでは、全額返金保証だけでなく、購入コースが全て終了までは期限なく受けることができます。

 

エピレの詳細

 

 

残す形を要望できる

さすがに全部のムダ毛を処理してしまうのは不自然なので、自然な形に残すなどの要望を聞いてほしいですよね。

 

しかし一部を残すのは、全部の毛を処理するのに比べて技術が要りますので、色々な脱毛のコツを知っているサロンスタッフのいるサロンが人気です。

ミュゼ・ディオーネ

ミュゼプラチナムやディオーネでは、VIO全てを処理するコースだけでなく、希望の形を残してもらうことが可能です。

 

ミュゼの詳細

 

ディオーネの詳細

 

 

恥ずかしくない体勢

デリケートゾーンの脱毛って、スタッフに見られるのが恥ずかしいですが、その体勢を想像するだけでも恥ずかしくなりますよね。

 

なので、少しでも恥ずかしくないように気を使ってくれる脱毛サロンがいいですよね。

ミュゼプラチナム

ミュゼでは、デリケートゾーンの脱毛をするときには紙ショーツを履き、ショーツを少しだけずらすなどして、処理する部分だけが見えている状態で施術してくれます。

 

ミュゼの詳細

 

 

エステもしたい

脱毛だけをするなら脱毛専門のサロンがリーズナブルですが、どうせサロンに通うならエステもしたいという人もいると思います。

 

そんな方におすすめなのが、トータルエステがプロデュースする脱毛専門サロンです。

エピレ

エピレは脱毛専門サロンですが、トータルエステサロンのエステティックTBCがプロデュースしているサロンです。

 

光の照射前に塗るジェルには、コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸が配合され、美容効果が期待できます。

 

また、エステティックTBCプロデュースならではの、より美しい肌の仕上がりを目指すトリートメントオプション(別料金)もあります。

 

エピレの詳細

 

 

脱毛サロンを選ぶ理由へ

VIO脱毛とハイジーナ脱毛の違いとメリット

デリケートゾーンの脱毛コースに、VIO脱毛とハイジーナ脱毛といった言葉を見かけます。

 

この2つの違いは、VIOは毛を残して脱毛するのに対し、ハイジーナの方はすべての毛を脱毛します。

 

VIOのVはビキニライン、Iは股の間のライン、Oはヒップの奥の部分を指しています。

 

ハイジーナだと、このVIOすべての部分を脱毛することになります。

 

ある程度の範囲にアンダーヘアを残したいのであればVIO脱毛を、アンダーヘアをすべて脱毛したいのであればハイジーナ脱毛を選ぶといった感じです。

 

ただし脱毛サロンによっては、ハイジーナ脱毛コースでも、部分的に残すオーダーをすることも可能となっています。

 

例えば、Vラインを少し残して、IラインとOラインはすべてなくすといった感じです。

 

デリケートゾーン脱毛.xyz

元々ハイジーナ脱毛は、有名な海外セレブが行っていると話題になったことで、数年前に日本に入ってきた美容法です。

 

海外では、アンダーヘアの手入れをすることが当たり前の文化なので、ハイジーナというすべての毛を脱毛する美容法も自然と生まれたのです。

 

ところが、日本においては、まだまだアンダーヘアの手入れする習慣が入ってきたばかりです。

 

そのため、すべてアンダーヘアを脱毛してしまうことに抵抗を持つ人が多いことから、ハイジーナ脱毛コースでも、部分的に残すオーダーができるようになっているのでしょう。

 

VIO脱毛やハイジーナ脱毛でアンダーヘアを処理することでのメリットは多いと思います。

 

水着からヘアがはみ出る心配がありませんし、見た目もキレイで清潔感があります。

 

またニオイ対策や衛生面にも効果的です。ただ、脱毛の際にデリケートゾーンを見られるのが恥ずかしいので、なかなか脱毛する気持ちになれないのが正直なところです。

 

脱毛サロンを選ぶ理由へ